メニューへジャンプ本文へジャンプ
.

資料詳細

伊牟田尚平の誕生地記念碑
拡大
前の画像   次の画像
1 / 1 ) 

資料名:伊牟田尚平の誕生地記念碑
いむたしょうへいのたんじょうちきねんひ

分類:文化財-史跡等
制作年:1916  20世紀  大正
地域:喜入方面
所管:鹿児島市
キーワード:西郷どん関係

解説:
 伊牟田尚平は,天保3年(1832)5月に旧市に生まれた。
 長じて尊皇攘夷論(そんのうじょういろん)者として王政復古に指導性・実践力を発揮した。
 王政復古の頃,京都に起こった辻斬(つじぎ)り事件の薩摩藩の責を引き受け,明治元年(1868),京都二本松の藩邸で自刃し,この世を去った。
 その偉業(いぎょう)を後世に伝える誕生地碑が,地元の有志により大正12年(1923)8月に建立された。
 なお,伊牟田尚平の墓は琵琶山の山腹にある。
(鹿児島市史跡めぐりガイドブック五訂版 243ページ)